カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(12月29日)まどかマギカは話だけならエヴァンゲリオンより面白いのではないか

仕事が昨日で納まった。

時間ができたので、アマゾンプライム魔法少女まどか⭐︎マギカを見た。女の子の話はちっとも好きではないのだが、たびたび褒める話を目にしていて、7年前の作品なのにまだ評判いいってのだから、気になっていた。たまたまプライムで目に入ったので見てみよう、という流れ。

最初たるかったが、魔女が出て来てから引き込まれた。調べて見ると劇団イヌカレーという二人組の作画の人が魔女だけ担当してるらしい。とても面白かった。ただ、セリフが大事な話なので倍速にすることもできず、一話30分、女の子の話を全十二話見なければならない。四話目見終わったところで辛抱が切れてしまい、Wikipediaに行く。あらすじを理解して、五話から十一話まで飛ばして、最終話だけ見た。

これで十分面白かった。

世界の設定がちゃんとしてる、主人公の成長してる感がある、成長しきった落とし所が俺は想定できてなくてかつ納得できる、という点がよかった。あと魔女が素晴らしい。でも女の子の絵はつらかった。小説だったらもっと楽しめたのかな。いや、あの魔女のアニメーション楽しみたいもんなあ。いつか飛ばした話も見よう。エヴァンゲリオンTVシリーズ以降、個人的に一番面白いアニメだ。話だけならエヴァンゲリオンより面白かったかもしれない。

他にエヴァンゲリオン以降見たアニメって息子と見たコナンくらいだな。