カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(12月12日)よい しあわせ

 

表参道に行ったきっかけで、ひさびさに爆風スランプを口ずさみ、ひさびさに聞き直した。10年ぶりくらいだろうか。とてもいい。「言いたいことが何もないということを全力で叫んでいる」ところが好きだったんだなあと思う。

 

確か6枚目まで買ったと思うけど、今聞いて手放しで楽しめるのは2枚目までなのはそういう理由からなのだろう。それ以降はどんどんロマンチックになっていった。ロマンチックなのは悪いことではないが、ロマンチックな歌なら爆風スランプじゃない人の方がはるかにうまい。「何もメッセージがねええええ!」ってプロで歌い続けるのは難しいんだろうなあ。