カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(12月8日分)

息子の期末最終日。

家に帰ってくるなり「物理の先生に呼ばれた。試験の点数が壊滅的にやばいらしい。」とのこと。

一学期の中間、一学期の期末、二学期の中間、二学期の期末、全部赤点では1しかあげられない、とのこと。そりゃそうだ。なんとか頼んで救済措置の課題を与えてもらうことに。この週末潰してやるしかない。