カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(11月28日分)

石川善樹と吉田なんとかって人の対談本を読んでる。

俺に足りなくて石川善樹にあるもの、一番大きな違いが何なのか考えてみた。彼だけではないのだが「こいつちょっと頭いいな、俺よりいいな畜生」と思える人との違い。

おそらくそれは「モテなかった時期に、自分と同様にモテない親友がいなかったこと」ではないか。セックスと、おっぱい(セックスと別物)のことばかり考えていてそれが手に入らなかった時に俺が仲がよかったのはセックスと、おっぱい(別物)を手に入れていたかっこいい友人だった。「そんなやつらとも俺は仲がいい」と思いたかったのか、単に石川善樹的な人がいなかったのか、彼らからは相手にされなかったのか。

納得して落ち着いてる。そんな自分に驚いてる。ずっとひっかかってんだな。

どうすれば幸せになれるか科学的に考えてみた