カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(11月19日分)東大は受けないことにしましたごめんなさい

最近彼女の話と息子の話と欲しい機械を我慢する話ばかりしていて勉強の話をしていない。勉強をやっていないわけではない。だが東大目指して大学に入り直そうというのはやめた。理由は3つ。

  1. このまま勉強していても東大の学部に受からなさそうだと思ってきた
  2. 社会人から行ける国立の理系の大学院を何個か見つけた
  3. お金がなくなってきた
  4. 仕事が恋しくなってきた
  5. 面白そうな仕事のオファーが来た

1. このまま勉強していても東大の学部に受からなさそうだと思ってきた

  • 学力:10月の時点で、英語しか満足に点が取れる力がない。理科はセンターも満足に解けないレベル、つうか勉強してない。
  • 情熱:もう一度学部に通うことに魅力を感じなくなってきた→2つ目「院を見つけた」の理由とも絡む
  • 興味1:45歳のおっさんが東大に受かったらそれだけでブランドになる、と思ってたんだけど、そうでもないんじゃないか、と思い始めてきた。
  • 興味2:入試の問題独学でやるなら、マセマの参考書使って学部レベルの数学やる方が楽しそう。
  • 時間的制約:息子の面倒をみていて自分の勉強時間が取れてない

2. ちゃんと大学で勉強しなかった文系出身の社会人から行ける国立の理系の大学院を何個か見つけた

大学数学の学部レベルを解けるようにすれば大丈夫っぽい。英語の勉強をケリをつければ数学やれると思ってる。

3. お金がなくなってきた

  • 来年3月4月ぐらいまではマンションのローンも養育費も払いつつ生きて行くぐらいは出来る。で、東大受かったら東大ブランドで金稼げるかな、と思ってたんだけど、学力の伸びは怪しいし、そもそも稼ぐ絵が描けてないし(これは学力と相関はあると思う。出来るようになってればもう少し絵が見えたのではなかろうかと思ってる)、このまま4月になって大学と就職のダブルの浪人になるのはまずい。まずいというか生きていけない。

 4. 仕事が恋しくなってきた

正直、4月末に倒れてから数ヶ月は仕事する気が起きなかった。同じ職場のやつと会う気にもなれなかった。特に部下には申し訳なくて顔を合わせられなかった。こうなったら大学行って真面目にAIの勉強してなぜか金が入ってきて10代の彼女作って、年下の義理のお父さんを作ろう、とか考えてた。

でも、この数ヶ月、ダラダラしたり旅行行ったり勉強したり息子と話したり彼女とイチャイチャしてたら元気になってきた。肉体的にも精神的にも休暇が効いて来て、昔の同僚とか部下とか知人とかと話してたら、何だよ仕事楽しそうだなとか思うまでになってきた。AIの勉強は今でもしたいけど、10代の彼女はいいかな、と思うようになった。

5. 面白そうな仕事のオファーが来た

そんな風にちょっとうずうずしてる時に、不動産テック部門を立ち上げるから働かないか?っていう話が来た。CIOになった友人が直属のデータアナリストとして来ないか、と。管理職じゃないし給料は下がるけど、仕事のワクワク度で言ったら前職より7倍ぐらいいい。立ち上げだっつうことは雑用山ほどあって、楽しい仕事を始める前に、多分1年ぐらいは泥臭いこと山ほどしなきゃいけないけど、全然いい。つうかそこでアナリストの仕事してるんなら大学行かなくていいじゃんって思った。お金もらってやりたいことに近いことが学べるなんて!電脳ミギーに最短で向かってる!って思えた。

 

そんな感じで積極的に選んだ結果の東大受けないの結論です。って友人にしか言ってない話だから、そもそも東大とか知らねえよ、っていう読者さんにはわけのわからない話でごめんなさい。いるのかな。あと理由は3つって最初にいったけど5つでした。