カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(11月10日分)

夜9時まで息子に勉強教えて、その後、千頭慶子的彼女とデート。鳥貴族でもまったく文句言わない。つうか味がわからない。容姿がいいので、ちょいちょい他の男子から飯に誘われるらしい。高い店に連れていかれるのだが、さっぱりわからないらしい。飯を作ってあげたこともあるのだが、味とかではなく、作ってくれたことに感激してた。

彼女から作ってもらったことはない。不味かった時のために、その時は空腹で臨まないとなあ、と思っている。