カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(10月9日分 ライティング以外の自己採点)

英検解答速報に合わせて照らした一次試験の自己採点結果。

配点の配分によってもう少し上がるかもしれないが、下がるかもしれないので、単純に正答数/問題数で計算した。

 

問題数

正答数

正答率

語彙

25

17

68%

リーディング

16

11

69%

リスニング

27

19

70%

ライティング

N/A

N/A

N/A

総合(ライティング除く)

68

47

69%

 

残念。合格ラインと言われている7割を微妙に切ってる。残りは自分では採点できないライティングだが、出来はいつも通りだったと思う。最後に受けたのは2年前で、そんときは64%の得点だった。

正式に一次試験の結果が出るのは23日(月)。

ライティングが64%だとすると一次突破は絶望的。でも、今回の一連の英検対策で、全体の英語力が上がったことにより、うっすらライティング力も上がっていて、点数に反映されるぐらい上がっていて、71%ぐらいの出来になっていて、トータルで7割ギリギリ超えて一次試験突破!というのがうれしいが、それは実力以上の結果を求めており図々しいと思ってる。他力本願だ。ライティングも俺が書いたけど他力本願な感じだ。もちろんこれで一次通ったら大喜びだし、その時は通ったんだから実力があったんだ、と言う。そういうものだ。

ということで一次試験終了。23日の一次の結果発表まで、正直やきもきするけど、ここで、英語の勉強は一旦終了。今日は余韻に浸って、明日からは数学と物理に思いを馳せる。