カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(10月4日分)偉い人にはそれがわからないが、実は偉くない人もわかってない

Series 2ユーザーだけど、Apple Watch Series3は買わない。理由は一つだけ。丸一日電池が持たないから。

結局、世の中の多くの人はだらしなくないんだな、と思う。

身の回りのものがどんどん便利になって、自分はどんどん機械なしでは生きていけなくなる、という話をするやつがいる。俺にはその話ピンとこない。

だって俺はその機械が生まれる前からだらしなかった。正直、機械が追いついて来たぐらいの感覚だ。

そんな俺からするとApple Watch Series3は、機械がまた俺から少し後ろの方に離れてしまったように思う。Suicaが使えようと、単体でセルラー/Wifi通信が出来ようと、丸一日電池が持たないのは論外だ。新しいApple Watchを持った自分が想像できる。Apple Watchだけ持って外出して、Apple Payが使える店だけ渡り歩いて、途中で電池が切れて、友達に立て替えてもらって、家に帰ったら大事な連絡を何個もとりこぼしてて、飲み屋から歩いて帰ったのにまた活動計には1ミリも歩いてないことにされていて、「もうアンタと会ってから私の人生ボロボロ。楽しい時もあるけど結局疲れちゃう」とたまに自分が言われてとても傷つく言葉をApple Watch Series3に向かって言うのが目に見えてる。

2台持ちすればいいじゃん?とか言ってくるやつは、だらしなさを何もわかってない、と腹が立つ。寝てる時はずして充電するのだっておぼつかないのに、2台をうまく回すなんてできっこない。うわ2台とも充電されてねえ、という状況が目に見える。それに、単体でガンガン使った時の電池のもちの不安さは2台持ちでは解消されない。

心底思う。俺が悪いんじゃない。機械が追いついてない。