カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(長期記憶といっても死んだらなくなるし、結構な確率で死ななくてもなくなる)

数年来の隠し事がバレた。バレて問い詰められた。隠し事をしたことを謝ったと同時に、なぜ隠し事をしたのか、はっきりと覚えていなかったが、別の人と共謀していたことだけは覚えていたので、そこを告白して謝った。散々罵られた。

共謀していた相手に、バレて謝ったことを伝えた。こうなったら全て正直に行くしかない。そしたら共謀者が言った。「あれは俺たちが考えたことじゃない。(隠してた相手の)親御さんに頼まれて仕方なく俺らが隠そうってことにしたんじゃないか」

そうだった。そこが一番ポイントだった。全部を話せはしないけどあんなに罵られなくてもよかった。少なくともなんで隠してたのか、と自分を責めなくてもよかった。

なんであの話を俺は忘れることができたのか。おっさんだからか。ストレスだからか。ストレスおっさんだからか。もう刺青だメメントだ。

f:id:kanekop:20170801151821j:plain