カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(微かに分かるか分かった積もり)

積分、大分わかってきた。

頭を使うのをサボらず「どうしてそうなるのか」を考え続けてるのがいいんだと思う。そういう意味で教材を見ると、ほとんどどの教材も不親切なのばかりだ。「ここは覚えておけ」みたいなのが多い。とりあえず覚える、というのは大事なんだけど「今はとりあえずやり方を覚えて先に行け、あとでもう一回ここ読み直せばわかるから」って親切さがない。誰かが別途、直接教えてくれてる経験がある前提って言えばいいかな。独学向けじゃない。ま、そうだよね。

その中で永野裕之って人の『ふたたびの微分積分』ってのがよかった。タイトル通り、やり直しの人向けの本だった。かつ、ちゃんと高校の数学の問題が解けるように書かれてる本。やり直しの人向けだと「微分積分とはー」って大上段な構え方で概念を理解させて、あと細かいところは自分たちでよろしく、みたいなのが多い。細かいことをある程度押さえてこそ全体像が把握できる、ということが、細かいところがある程度押さえられてやっとわかった。

 

ふたたびの微分・積分

ふたたびの微分・積分