カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

継続は力なり(息子がいると勉強してモテて幸せになるの法則、または勉強できるとモテて息子も幸せになるの法則)

ここ数日、勉強に関する姿勢で変わってきてる。集中している、というか人生における勉強の優先度が上がっている気がするのだ。モテ>仕事>息子>勉強だったのが、勉強>モテ>息子または、モテ>勉強>息子となっている。上位3つに入らない優先度の項目はモノにならない、という話を聞いたことがあるが全く同意する。いや、ADHD気味の人間には1つか2つで精一杯じゃないかと思う。そうすると息子の行く末が心配だが、あいつも17歳。もう一人前の大人だ。いや大人じゃないけど。大丈夫。3番目なら大丈夫。