カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

持論っぽいやつ:創造性は詰め込みの産物である、という意見に対して

創造性ってのはなんかびっくりすることしてやろう、言ってやろうというマインドのことだと思う。詰め込もうが詰め込まなかろうが関係ない。


ただ、詰め込んでる方が、技術がある方が、過去のびっくりさせて来た人たちの技を知って身につけてる方が、より多くの他人に影響が出せる。だから技術がある方が創造性があるように見えるけど、創造性だけを考えれば差はないはず。

 

例えば、発想は面白いけど文章が下手な作家は、創造性バツグンだけど評価されない、みたいな感じ。売れる売れないは創造性とは関係ないと思う。創造性だけでは売れない、というのが正しいのか。

 

自分の得意なところだけやって、あとは他人に任せる、みたいな割り切りの意識を持つか、売れるのに肝な部分で不得意なところを必死こいて上達させるか。