カネチコット州

喜びの数だけ喜びがある

読んだレビュー:あなたの人生の物語 - テッド チャン

映画「メッセージ」の原作。面白かったよ。映画見てないけど、映画どんだけ面白いかわかんないけど、本は(Kindle もある)800円で済むなら、まずは本を読むのでいい。ワンアイデアで進んでいく感じだから、もしそれに関して自分が考えたことがある人にはつまんないかもしれない。俺は考えたことなかった話。痺れた。内容をいい塩梅にチョロっと書くことができなさそうだから、ここまで。

 

書きながら思ったけど、読み終わった作品のレビューは俺には向いてないんじゃないかな。読んでどう思うとか書けないな。俺のレビュー読むより読むのが早いよ、って思っちゃう。昔から読書感想文は嫌いだった。授業でやるとかクラス全員に書かせるとか意義がわからなかった。読んだ作品に刺激を受けて、何か行動を取るとして、それがその感想を書くってなあ。俺が作者なら、そんなことをしてほしくはない。今より元気になってくれればいい。刺激を受けてなんか作品を作ってもいいけど、感想文なんてなあ。

 

 

あなたの人生の物語

あなたの人生の物語